事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】 » 解体業者の選び方 » 室内の残置物処分してくれるのか

室内の残置物処分してくれるのか

解体工事を計画した際に、まず頭を悩ませるのが室内に残った粗大ごみの処分をどうするか。業者に依頼すると高くついてしまうイメージがありますが、実は木製の家具類や金属製品類などは無料で引き取ってくれる業者も多いんです。
業者に依頼できれば作業が楽になるので、解体工事業者を選ぶ際にもぜひチェックしたいポイント。依頼の際には「残置物の処理をしてくれるのか」確認してみましょう。

粗大ごみの処分は解体工事業者に依頼したほうがお得?

基本的には依頼すると費用がかさむ

解体を考える建築物に残ってしまった不用品は、家庭ごみとして自分で処分するのが一般的ですが、解体工事業者に処分を依頼することもできます。
ただ、解体工事業者が室内の残地物を処理する場合、「家庭ごみ」ではなく「産業廃棄物」として処理しなければならなくなるので処分費用は基本的に割高。自分で処分するなら300円で済む布団も、業者に依頼すると2000円近い費用がかかります。面倒だからとすべて業者に依頼するのは避けたほうが良いでしょう。

なるべく費用を抑えるにはできる限り自分で処分

粗大ごみの処分費用を節約するには、できる限りのごみは自分で処分するのがベストです。ただ、物によっては業者が無料で処分してくれたり、自分で処分するほうが費用がかかったりする場合があるので上手く使いわけるのが賢い方法。あらかじめ業者と打ち合わせをしておいて「粗大ごみの処分をしてくれるのか」「依頼した場合いくらかかるのか」を聞いておくのがおすすめです。

不用品の種類による処分方法の違い

自分で処分したほうが良いもの

  • 衣類
  • 布団
  • 食器
  • 書類
  • 食品類

食器や紙・布製品は自分たちで処分するのが最適です。布団などの粗大ごみは自治体によって処分に費用がかかりますが、業者に依頼するよりも10倍近く割安になるケースがあります。かさばるものが多いですが、解体工事を依頼する前から少しずつ分別して処分するようにしましょう。

業者に依頼したほうが良いもの

  • 木製のタンス
  • 金属製品
  • 大型家具
  • 家電製品

業者によっても異なりますが、木製のタンスや金属製品などはリサイクル品として無料で引き取ってくれることがほとんど。業者に処分を依頼するほうがお得になります。また大型家具や家電製品など運び出すのが大変な不用品も業者に依頼したほうがスムーズに処分できるでしょう。

注意!リサイクルしなければいけない家電

  • エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫(冷凍庫)
  • 洗濯機

環境保護のためにそのまま処分することができない家電もあるので処分の際には要注意。上記の家電製品はリサイクル料金を支払ったうえで所定の場所に運ぶ必要があります。リサイクル料金はエアコン1,500円、冷蔵庫3,600~4,600円、テレビ2,700円、洗濯機2,400円ほどです。

悪徳業者も多いので実績のある業者に依頼するのが安心

なるべくなら費用を抑えて行ないたい解体工事。しかし、質の悪い業者に依頼してしまうと思いもよらないトラブルに繋がります。中には不正な方法で不用品の処分を行なう業者もいるので安さだけに惹かれるのは危険。実績があり信頼できる業者に依頼するのが好ましいでしょう。

年間実績の多い優良業者は?神奈川のおすすめ解体業者3選