神奈川のオススメ解体業者3選

横浜総合建設

年間実績数 824件
県内施工数No.1

スマイル解体@横浜

年間実績数 492件
不用品の処分全般に対応

石井商事

年間実績数 250件
創業年数55年の老舗

事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】 » 解体業者の選び方 » 「解体工事業登録」と「建設業許可」の有無からみる
神奈川の優良業者とは?

「解体工事業登録」と「建設業許可」の有無からみる
神奈川の優良業者とは?

解体工事の許可証・加入保険を確認する

解体工事の際、解体業者の「建設業許可」「解体工事業登録」を確認するようにしましょう。どちらの許可も受けずに解体工事を行っている業者に依頼してしまうと、何らかのトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。そうならないためには、企業のホーページや見積もり時に、許可証の有無を確認し、保有していない業者への依頼は避けましょう。

また「建設業許可」「解体工事業登録」のほかにも「第三者賠償保険」に加入している業者では、解体工事中に事故が起こった場合、第三者への損害に対しての賠償責任を補償してくれます。

解体工事を行う業者の許可証や加入保険の有無を確認することは、優良業者選びの第一歩だといえるでしょう。

法律厳守!県から認められた解体工事業者の見分け方

解体工事業登録

2001年5月に施行された「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」を元に生まれた登録制度のこと。「ミンチ解体」や「不法投棄」などの問題を改善することを目的として設けられたものです。

この制度が決められる以前は、500万円未満の軽微な解体工事を行う場合、許可を必要ありませんでした。家屋の解体工事の場合は、100万円〜200万円くらいが一般的。建設業法に基づく許可を必要としませんが、解体工事を請負う際には、登録が必要になります。つまり、「解体工事登録」を受けなければ、工事の施工はもちろん、受注さえ行えないのです。

「解体工事業登録」を受けた後に行える解体工事の総請負金額は、税込みで500万円未満。営業所は神奈川県内にあり、東京都や埼玉県で施工を行う場合、3県すべてに登録する必要があります。

建設業許可

建設業法で定められた制度で、建設工事を請負う業者には必須の許可です。

「解体工事業登録」が、500万円未満の解体工事に制限されるのに対し、「建設業許可」を受けている業者の場合は、500万円以上の解体工事も請負うことが可能です。

土木建築に関する工事は、全部で29業種ありますが、解体工事を行うには、「建築工事業」「土木工事業」「とび・土工工事業」のいずれかの許可が必要になります。

また、営業所が1箇所のみの場合は、都道府県知事から許可を受け、営業所が2カ所以上の都道府県にまたがる場合には、国土交通大臣の許可を受けなければなりません。

工事の金額によって、必要になる許可が変わるため、解体工事を依頼する際には、「解体工事業登録」あるいは「建設業許可」のどちらの許可が必要なのか、しっかりチェックしましょう。

解体工事業登録や建設業許可を受けているかどうかを調べる方法

公式HPで解体工事業登録や建設業許可番号を確認する

「解体工事業登録」または「建設業許可」を保有している業者かどうかを確認するには、依頼したい解体業者の絞り込みを行い、業者のホームページを検索して許可の有無をチェックしましょう。

許可証の保有を掲載している業者のホームページでは、例えば以下のように記されます。

  • 解体工事業登録 神奈川県知事(登△)第△△号
  • 建設業許可 神奈川県知事許可(般-△△)第△△号

解体業者の中には、ホームページを設置していない業者があります。また、登録状況の掲載は義務化されていないので、探すのに手間がかかるかもしれません。

神奈川県のホームページを確認する

県のホームページには、「解体工事業者登録簿の閲覧」ができるページが設けられています。このページから「解体工事業登録業者名簿」をダウンロードして閲覧することも可能です。ダウンロードされたエクセルデータには、業者の名称や登録番号、所在地、代表者の指名、有効期間の満了年月日などが記載されています。神奈川県内に事業所のない業者もあるため、確認しましょう。

なお、名簿は月に1度更新されています。

登録簿は、かながわ県民センターでも閲覧できます。閲覧できる時間は、月曜日から木曜日までの、午前9時~午後4時です。

「建設業許可」を受けている業者か否かは、同じく神奈川県のホームページの「建設業許可」のページから、名簿をダウンロードして確認できます。

ただ、登録簿に記載されている業者数は、実に膨大な数です。一つ一つの業者を選んでホームページで確認するといった方法は、かなりの労力を要するので、あまりおすすめできません。ある程度業者を絞り込んだ上で、ホームページをチェックする方法がおすすめです。

優良な解体業者に依頼するために

違法に解体工事を行っていないかどうかは、「建設業許可」と「解体工事業登録」でチェック可能であるとご紹介しました。

さらに良い業者を選ぶには、解体工事の「実績」や、「マニュフェスト」などをチェックすることをおすすめします。

「マニュフェスト」とは、廃棄物の処理を正しく行っているかどうかを確認するための書類です。工事終了後から5年間は、業者に保管の義務があります。「マニュフェスト」の提示を求めた際、誠実な業者の場合は、快く応対してくれるでしょう。

年間実績の多い優良業者は?神奈川のおすすめ解体業者3選