事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】 » 解体工事の基礎知識

解体工事の基礎知識

解体工事を依頼する際、なんの知識もないまま業者を選ぶと質の悪い業者にあたってしまうリスクも。近隣からのクレームに見舞われたり法外な施工費用を要求されたりといったことを防ぐためにも、解体工事について最低限の知識を身につけておきましょう。

解体工事とは?

「建物を取り壊すのが解体工事」と漠然と考えている方も多いでしょう。地面の上に見えている部分を壊して片付けるだけが解体工事ではありません。地面に埋まっている「基礎」を取り除くことも解体工事に含まれています。また、解体後の土地が次の用途に使えるよう平らにならす「整地」も解体業者の仕事。建物に付属している門・塀・池などが次の用途に適さなければ取り壊して整地します。

通常、見積もりに含まれているのは、基礎部分も含む建物の取り壊しと撤去、解体で出た大きなゴミの片づけ、整地まで。解体工事の定義も取り壊しから整地までと考えるのが一般的です。

3種類の解体工事とは?

解体工事は大きく3種類に分けられます。「内装解体」「外構解体」「建築物解体」です。内装解体は建物の内部を解体して最初の状態に戻すこと。テナントの入れ替え時に行われることが多い工事です。外構解体は塀やフェンスといった建物の外側にあるものを解体・撤去する工事のこと。建築物解体は建物ごと解体する工事です。

解体工事の流れ

「建物を解体したい」と考えたら、まずは解体業者を選ぶ必要があります。電話だけでなく現地調査での見積もりを出してもらいましょう。

解体工事は近隣住民の生活に大きな影響を与える工事。施工前の近隣へのあいさつまわりは欠かせません。解体業者によっては挨拶状を作成してあいさつまわりを行なうところもあります。

解体業者と依頼主の双方が必要な申請を提出したら着工。解体後の土地が次の用途に使えるよう整地して工事完了です。

自社施工と他社施工の違い

解体業者を名乗る業者には、営業から工事まで一貫して行なう自社施工のところと、営業だけを行ない工事は下請けに委託する他社施工の業者の2種類があります。

解体工事中に何かトラブルが起きた場合、自社施工だと責任の所在が明確ですが、他社施工だと曖昧。安心して解体工事を依頼できるのは自社施工だと言えそうです。

また、他社施工の業者のなかには、工事を下請けに完全に丸投げしてしまう質の悪い業者もあります。こういった業者は工事に関して責任を取る気が最初からないため、契約時に実現不可能な施工計画を提示していることも。後々になってムチャな計画であることが判明し、工事が滞ってしまうことになるので、業者選びは慎重に行なう必要があります。営業から工事まで一貫して対応する自社施工業者から選ぶのが安全でしょう。

年間実績の多い優良業者は?神奈川のおすすめ解体業者3選