事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】 » 解体工事の基礎知識 » 解体工事の種類

解体工事の種類

解体工事は「内装解体」「外構解体」「建築物解体」と3種類に分けられます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

内装解体とは?

建築物の主要な構造部分だけを残し、それ以外を解体する工事を内装解体と言います。テナントの受け渡し時に行われることの多い工事です。内装工事はさらに「原状回復」と「スケルトン工事」の2種類に分けられます。

原状回復は、借りていた物件を明け渡すときに借りたときの状態まで戻す工事のこと。原状回復工事は建物のオーナーが依頼する場合もあれば借りている側が依頼することもあります。

スケルトン工事は建物の構造に関わる部分以外のすべてを解体する工事です。

内装を部分的に残すのが原状回復ですべて解体するのがスケルトン工事だと考えると分かりやすいでしょう。

外構解体とは?

外構解体は建物の外側にある塀や駐車スペースなどを解体する工事のこと。建物本体は解体しません。解体以外の工事と合わせて外構工事と呼ばれることもあり、門柱・門扉やウッドデッキの設置、ブロック積み、基礎工事などが外構工事にふくまれます。

外構解体は工事の際の騒音や振動、粉塵が近隣に直接影響を与えるため、実施に注意が必要。周辺住民への配慮がない業者に依頼するとトラブルが発生するリスクも。

外構解体を依頼する場合は、業者選びに特に気を付けましょう。

建築物解体とは?

建築物解体は建物を丸ごと解体すること。アパートやマンション、一軒家、ビル、工場など、どんな建物も建築物解体の対象です。

新築物件を建てたいときや土地を売却するため更地にしたいときなどに行わるのが一般的。建物のオーナーが空き室対策のために建築物解体を依頼するケースもあるそうです。

建築物解体は工事の際、近隣に大きな影響を与える可能性があります。建物全体を解体するので、騒音や粉塵が外に漏れだす場合があるからです。周辺に配慮した工事を行わなければ、近隣からクレームがあがり大きなトラブルに発展することもあります。

また、建築物解体工事にかかる費用は建物の構造によってさまざま。解体工事を依頼する際は、木造・鉄筋・鉄骨など、構造による費用相場の違いを押さえておきましょう

年間実績の多い優良業者は?神奈川のおすすめ解体業者3選