事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】 » 横浜の解体工事業者一覧 » 新井商店

新井商店

横浜・川崎・藤沢で解体工事を行なっている新井商店。ほかに内装工事や産業廃棄物の収集・運搬業務も請け負っています。解体工事の特徴や会社についての詳しい情報をまとめました。

新井商店キャプチャ画像
画像引用元:新井商店公式サイト(http://www.arai-shouten.com/)

新井商店の解体工事の特徴

30年間赤字ナシ!

新井商店は30年間連続で赤字を出していません。神奈川で地域密着型の経営を行いながら、赤字が出ていないということはそれだけ顧客から信頼されているこということ。リピーターや既存顧客からの口コミを聞いて訪れる新規顧客がいなければ赤字ナシの経営は続けられないからです。新井商店がいかに地元で厚い信頼を寄せられているか示す証だといえますね。

あらゆる構造の建物を解体できる

新井商店は木造・RC・鉄骨など、あらゆる構造の建築物の解体に対応しています。公式サイトにはこれまで新井商店が解体してきた建物が実績として掲載。木造アパートや社宅などのほかに小学校、工場、倉庫の解体実績が載っています。新井商店ではスーパーやファミリーレストランなどの店舗解体にも対応。「この建物、解体できるかな?」と疑問に思ったら、まずは新井商店の実績を確認してみてはいかがでしょう。

新井商店の会社情報

充実した車両設備がある

新井商店絵は自社で多数の重機とトラックを所有しています。重機はショベルカーが10台にミニユンボが3台。トラックは4トンダンプ10台をはじめ、アームロール付き4トン車2台や3トンダンプなどです。解体工事以外に、鉄屑・金属屑の回収や産業廃棄物の収集運搬も手がける新井商店。しっかりとした設備を持っているのがわかれば仕事を依頼する際にも頼りがいがありますね。

すべての解体工事にマニフェスト発行

新井商店では建物解体・内装解体・設備解体など、すべての解体工事でマニフェストを発行します。
マニフェストは産業廃棄物を処理する際に発行される伝票のこと。マニフェストを見ることで産業廃棄物がどのように処理されたかがわかります。新井商店ではあらゆる解体工事でマニフェストを発行しているので、それを確認しておけば不法投棄の恐れは一切なし。
解体工事を最後まで安心して任せられますね。

解体工事の種類

解体工事にはいくつかの種類があるので、代表的なものを4つご紹介しましょう。

建築物解体

建築物の解体は、その名の通り建築物自体を解体する作業です。
解体といっても、ただ単に重機を使って建物を破壊するだけではありません。建物には、木造のほか、鉄骨造・RC造といった様々なものがあり、それぞれに適した方法で解体をしなければ、予想外の方向に倒壊してしまったり、周辺環境に悪影響をもたらす恐れがあるのです。

例えば、狭い住宅地にある木造一軒家の解体をする際には近隣にも十分な配慮をしなければなりませんし、大型の工場や倉庫といった鉄骨造解体の場合も大掛かりな解体作業が必要になってきます。
更に大きなマンションやビルといったRC造解体の場合は建物が強固なこともあり、大掛かりな解体作業が必要です。

内装解体

建物全体を解体するのではなく、店舗や事務所の中など、一部分のみを解体する作業です。原状回復が必要な建物の場合はどこまで解体するのか気をつけて決めていかなければなりません。
店舗の改修で内装解体を行なうことも多いのですが、リフォームやリノベーションなどで特殊な形に変えてする作業もあります。

また、スケルトン解体を選択する方も多いです。これは、建物の建物構造体以外の部分である壁や床、天井ボードなどの内装材をすべて解体・撤去する作業のこと。
大規模なリフォーム作業の時などに選択される方法です。内装の解体は傷付けてもいけない部分も多いため、繊細な作業か求められます。

外構解体

外構の解体では建物ではなく、ブロック塀やアスファルトといったものの解体作業が該当します。
例えば、大きな地震が発生した際に倒れる可能性のあるブロック塀を倒して撤去したいと考えている方もいるはず。そういったものがある場合も、解体業者に依頼しましょう。

外での作業になるわけですが、外構の解体をする際には大きな振動と音を伴います。そのため、しっかりとした近隣住民への配慮ができていないと、近所迷惑に繋がってしまうこともあるのです。
近隣住民の説明をしっかり行なってくれるような信頼できる業者を選んでおくと安心ですね。

新井商店の場合はこれまでに30年以上の実績を持っているので、こういったことに配慮している実績豊富なところを選びたいと思っている方でも納得できるはずです。

解体付帯業務

解体をする際に付帯業務が発生することがあります。

例えば、解体工事によって発生したがれきやゴミなどの産業廃棄物を撤去するのもその1つです。これは、適当に処分すれば良いわけではなく、リサイクル法を守った上で廃棄処分をしなければなりません。
解体業者に依頼すれば専門的に行なってくれるので、安心してお任せできますね。

また、解体業者が行なっているのは、建物やブロック便などの解体だけではありません。例えば、邪魔になって不要になった樹木の伐採も解体付帯業務に該当します。
どこまで対応できるかは状況によっても異なってくるので、よく相談しておくと安心ですね。

新井商店の基本情報

社名 有限会社 新井商店
所在地 神奈川県横浜市泉区岡津町3218-2
アクセス 緑園都市駅より徒歩11分
営業時間 要問合せ
定休日 要問合せ
施工 自社
対応している解体工事の種類 建築物解体、内装解体
実績数 要問合せ
許可証

【建設業:とび、土工工事業】

  • 神奈川県知事許可(般-19)第50745号

【産業廃棄物収集運搬】

  • 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・横浜市・川崎市・横須賀市・相模原市・千葉市 計9行政
マニフェストの提出有無
年間実績の多い優良業者は?神奈川のおすすめ解体業者3選