事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】 » 横浜の解体工事業者一覧 » 横浜総合建設

横浜総合建設

このページでは、横浜総合建設の解体工事事業についてまとめています。解体工事のポイントや会社情報・特徴などを掲載していますので、業者選びの際の参考にしてください。

横浜総合建設キャプチャ画像
画像引用元:横浜総合建設公式サイト(http://ysk-a.com/)

横浜総合建設の解体工事の特徴

県内でもトップの実績を持っている

横浜総合建設は平成29年度の実績数が637件にものぼり、神奈川県内でトップとなりました。新規顧客だけでなく、確実にリピーターがついている証拠と言っていいでしょう。信頼されているからこその数字と言えます。

解体工事の流れ

電話やメールなどで申し込みの後、見積もりを出してくれます。解体工事の契約後は、各自治体への書類提出を代行してくれ、近隣住民へのあいさつも。施工後は、工事現場から出た廃棄物をマニフェストを発行してきちんと廃棄してくれます。

自社対応だからスピーディー

横浜総合建設は、自社スタッフと自社車両を使用して解体工事を行なっています。協力業者への手配の時間がカットできるので、依頼から着工までスピーディー。また、見積もりも当日夕方までに依頼があれば翌日中には提出するよう心がけています。

横浜総合建設の会社情報

トラブルが少ないからリピーターも多い解体業者

不動産業を経験した営業スタッフがスムーズに対応してくれる横浜総合建設。依頼主の立場で考えてくれるためトラブルが少ないと評判です。
解体工事はゴミやほこり、騒音、振動、解体業者の質などトラブルの火種が多数あります。不動産業を経験しているからこそ、そうしたトラブルを事前に回避。
また、仲介ではなく自社施工だからこそ責任を持って、万が一のクレームの際にもきちんと謝罪する姿勢を大事にしています。そうした細やかな対応が、リピーターの獲得に繋がっているのでしょう。

横浜総合建設を立ち上げた安西取締役も元不動産営業マン。長年の経験を活かし、依頼主の立場に立った解体事業に取り組んできました。後進もそうした姿勢を受け継いでいるからこそ、高い評判を得ているのでしょう。初めて解体工事を頼む方やトラブルに悩まされてきた方におすすめできる解体業者です。

地盤改良工事もお任せ

横浜総合建設株式会社は、解体工事だけでなく地盤改良工事も行っています。具体的に、どのような地盤改良工事を行っているのでしょうか。

HySPEED工法

横浜総合建設株式会社は、主にHySPEED工法を用いて地盤改良工事を行っています。HySPEED工法とは、天然素材の砕石だけを用いて軟弱地盤を改良する最新の工法です。具体的には、次のように地盤改良工事を行います。

  1. 最新技術のピストンバルブ(ドリル)で設計杭長まで掘削します。
  2. 採掘完了後、20mm~40mmの砕石を投入します。
  3. ピストンバルブ(ドリル)を逆回転させることで、砕石と周辺の地盤へ圧密をかけます。
  4. 100㎏f・mの振動衝撃を加えて、強度の高い地盤を作ります。
  5. 平板載荷試験と地盤強度計測を行い完了です。

HySPEED工法の特徴は、従来の地盤改良工事で必要とした、強固な支持層を必要としないことです。品質劣化の心配がなく周辺地盤の強度を高める点、水圧を吸収する機能と排水機能により液状化現象に強い点、同じ重さの家なら何代にもわたり繰り返し利用できる点も特徴として挙げられます。

HySPEED工法のメリット

横浜総合建設株式会社が行っているHySPEED工法には、従来の地盤改良工事のデメリット・環境汚染を解消するメリットがあります。

従来の地盤改良で主に用いられている素材がセメントです。セメントは土と混ざりあうことで六価クロムが発生するといわれています。六価クロムは国際的に認められている発がん性物質です。六価クロムの発生は、地盤改良によりもたらされる環境リスク・健康リスクと考えられています。

このリスクによりもたらされる可能性があるのが、資産価値の下落です。また、2003年から地盤改良のため埋め込んだセメントなどは、住宅売却時や撤去時に産業廃棄物としてみなされることになりました。撤去にかかる費用は家主が負担します。従来型の地盤改良工事には、資産価値を下げてしまう恐れがあるのです。

天然素材の砕石だけを使用するHySPEED工法に、セメントと土が反応して六価クロムが発生するリスクはありません。将来的なコストの発生を抑えられる地盤改良工事といえます。HySPEED工法は、自然素材を用いた資産価値を下げない工法といえるでしょう。

地盤の特性・性質にあわせて工事を行う

横浜総合建設株式会社は、以上を基本としながら地盤の特性や性質に合わせた地盤改良工事を行っています。丁寧な調査により地盤を評価し最適な改良工事を提案してくれるので、地盤改良が必要になった時も頼りになるといえるでしょう。

横浜総合建設の基本情報

社名 横浜総合建設株式会社
所在地 神奈川県横浜市戸塚区品濃町845-3
アクセス JR東戸塚駅より徒歩9分
営業時間 9:00~18:00
定休日 日祝、年末年始、夏季休業あり
施工 自社
対応している解体工事の種類 建築物解体、内装解体、外構解体、解体付帯業務
実績数 637件/年
許可証
  • 建設業許可 神奈川県知事許可(般-26)第74720号 建築工事業
  • 産業廃棄物収集運搬業許可 第152760号
マニフェストの提出有無
年間実績の多い優良業者は?神奈川のおすすめ解体業者3選