事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】 » 依頼前に確認!解体工事でよくあるトラブル

依頼前に確認!解体工事でよくあるトラブル

解体工事は近隣や業者とのトラブルに発展するケースが多くあります。こちらでは、業者や近隣住民と起こり得るトラブルと対策についてまとめました。

注文者の責任問題

もし隣家を壊したり騒音で訴えられたりした場合、施主(注文者)はどのような責任を負うのでしょうか。ほとんどの場合、解体業者に対して損害賠償の支払い命令が下ることが多く、施主が損害賠償を支払うことは稀です。

しかし、施主が責任を問われた前例もあります。過去の判例では、施主が建築士など建築の専門家であった場合に責任が問われました。
建築の専門家である以上は、隣人宅を損傷させないよう解体を依頼しなければなりません。また、下見に来ることが可能であるため、適切な指示・監督を出せたと判断されるのです。

では、建築の専門家ではない素人には賠償責任が発生しないのでしょうか?実は、建築の専門家ではない施主に責任が問われた事例もあります。

例えば、近隣からの苦情があったにも関わらず改善・中止命令をしなかった、誰が見ても危険であると分かる状態であると把握しておきながら注意しなかった場合は、「何もしなかった」ことが過失だと認められる可能性があります。

トラブル対応の流れ

もし、近隣とトラブルが発生してしまった場合は、以下の流れで対応しましょう。

  • 本当に解体工事が原因のトラブルかどうかを突き止める
  • 契約書を確認し、損害賠償の条文を確認する
  • 菓子折りを持っていき謝罪をする
  • 解体業者と、損害賠償や補修工事についての対応を確認する

注意しておきたいのは、解体工事が原因でトラブルが起きたかどうかを明確にしておくことです。明らかに解体業者側が招いたトラブルであれば発生時点で謝罪をするのが一般的ですが、もしも原因がはっきりしない場合は、損傷原因を特定するために専門家に調査を依頼してください。

責任の所在が分からないまま謝罪をしてしまうと「非を認めた」と見なされる可能性があるので注意しましょう。

解体工事で起こり得るトラブルと対策一覧

ここでは、解体工事で起こり得るトラブルの事例と対策について紹介しています。特に近隣住民とのトラブルに関しては、損害賠償の支払いを命じられるほど大事になってしまった事例をご紹介。二のてつを踏まないよう、これから解体工事を行う方は一度目を通してみてください。

解体業者とのトラブル

よくある解体業者とのトラブルについてまとめています。どれも信じられないような話ですが、残念ながら実際にあったことばかり。こうならないためにも、解体業者は慎重に選びましょう。

整地がずさんで汚い

中には、解体工事を終えた後にまったく整地をしてくれない業者もいるようです。整地されていなければ新しく建物を建てることはできず、整地するために時間も費用もよけいにかかってしまいます。まずは自身の目で現地を確認することがトラブル回避の第一歩です。

近隣との解体工事に関するトラブル

解体工事を行うと、業者だけでなく近隣住民とのトラブルに発展するケースも珍しくありません。こちらでは、近隣との解体工事に関するトラブルをまとめています。

トラブルの中で最も多い騒音の苦情

近隣とのトラブルの中でも、最も多いのが「騒音」です。重機を使って建物を崩す以上、どうしても大きな音は出てしまうもの。しかし近隣への配慮なく強引に工事を進めてしまうと、裁判沙汰になる重大なトラブルになることもあるのです。

隣の壁へのひび割れ

重機が当たって隣家の壁を傷つけた、あるいは工事の振動で壁に亀裂が入ったといったトラブルもあります。場合によっては損害賠償金を請求されることも。こちらでは、隣の壁へのひび割れのトラブルで裁判に発展した事例を解説します。

年間実績の多い優良業者は?神奈川のおすすめ解体業者3選