事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】 » 依頼前に確認!解体工事でよくあるトラブル » 近隣との解体工事に関するトラブルケースを紹介

近隣との解体工事に関するトラブルケースを紹介

解体工事をするときは、特に近隣住民とのトラブルになりやすいといわれています。トラブルになった場合は、工事を中断せざるを得なくなったり、裁判に発展したりすることも。解体工事を行う前にはできるだけ近隣住民に配慮することが大切です。

解体工事は少なからず近隣に迷惑をかけてしまう

解体工事は、工事の騒音やゴミ・ホコリの飛散、建物の揺れなど、どうしても周囲に迷惑をかけてしまいます。実際、騒音や粉塵、振動によって裁判にまで発展したケースもあります。

トラブルケース1:騒音・振動

解体工事は重機を使って建物を壊し、土地を掘り起こすため、騒音や振動が起こるのは避けられません。防音パネルを設置する、騒音や振動が発生する作業は昼間に済ませるなど近隣への配慮を怠らずに作業を進める必要があります。

トラブルケース2:ホコリ・ゴミの飛散

建物に溜まっていたホコリや取り壊す際に出るゴミが飛散し、近隣の洗濯物や車を汚してしまうことがあります。養生をしっかりと設置し、粉塵が出る場合は水を撒いてから解体を行うなど、近隣への被害を最小限に抑えましょう。

トラブルケース3:害虫

家屋に住んでいた害虫が近隣の家に逃げ込んでしまい、近隣の住宅に住み着いてしまうトラブルも増えています。施工前に家屋の害虫を駆除し、万が一にも逃げ出さないよう事前に対処しておきましょう。

失礼のないように近隣挨拶するためには?

きちんとした業者であれば施工前に必ず挨拶回りをしてくれますが、施主もしっかり挨拶回りをするのがマナーです。「業者が挨拶回りをしてくれるから」と施主が挨拶に来なければ、近隣住民の不信感を買いかねません。よほどの事情がない限りは施主もきちんと挨拶に行きましょう。

挨拶回りでは、ご挨拶状と手土産の粗品を用意しておくのが通例です。粗品は必須ではありませんが、「何も持たずに挨拶をするのは非常識だ」と思われてしまうことも考えられるため、用意しておいた方が無難でしょう。

都合が合うなら業者と施主が一緒に挨拶回りをするのが一番良い方法です。尋ねたお宅が留守でない限り一度の訪問で済みますし、「どれくらいの期間かかるのか」「どんなことに気を付ければよいか」といった詳しい説明には業者が答えることができるため、近隣住民の不安を取り除くことができます。

もし、一緒に挨拶回りをするのが難しいのであれば、業者よりも先に回り「後で業者からも説明いたします」と伝えると良いでしょう。

挨拶回りのタイミングは?

挨拶回りのタイミングは早すぎても遅すぎても失礼にあたります。着工する7~10日前に行うのが良いタイミングです。

解体後に新築を立てる場合は、1回の挨拶回りで十分でしょう。相手の都合もあるので、何度も訪問するのはかえって失礼にあたります。

挨拶回りをする範囲はどれくらい?

挨拶回りをする範囲は、近隣の状況によって変わります。何件回った方が良い、という明確な定義はありません。

最低限挨拶するべきなのは、隣り合っている家や裏にある家、道向かいの家です。他にも、解体工事で周囲の生活にどんな影響を与えてしまうのかを考え、迷惑をかけてしまう可能性のあるお宅を訪問すると、近隣との軋轢を生むことなくスムーズに工事を進められるはずです。

トラブルの中で最も多い騒音の苦情

近隣住民とのトラブルの中で、最も多いのが「騒音」トラブル。実際に裁判沙汰にもなった一つの判例をもとに、賢く解体業者を選ぶポイントについて解説しています。

隣の家へのひび割れ

解体工事で隣家の壁にひび割れを作ってしまうというトラブルも、残念ながら良くあることです。こちらでは、ひび割れトラブルの判例を解説し、どのように対処してくれる解体業者が適切だったのかについてまとめています。

年間実績の多い優良業者は?神奈川のおすすめ解体業者3選