事前準備でトラブル回避!安全安心な解体工事ガイド【神奈川編】

事前準備でトラブル回避!安全安心な解体工事ガイド【神奈川編】

神奈川都心部は解体業者多し!業者選びは慎重に

神奈川県の都心部は解体業者が数多くありますが、中には他の業者よりも価格を安くするため手抜き工事を行なう業者も…。
このサイトではトラブルなく解体工事を行なうためのノウハウや業者選びのポイントなどを紹介!横浜で解体工事を依頼できる頼れる業者の比較もしています。

  
              事前準備でトラブル回避!安全安心な解体工事ガイド【神奈川編】

神奈川都心部は解体業者多し!
業者選びは慎重に

神奈川県の都心部は解体業者が数多くありますが、中には他の業者よりも価格を安くするため手抜き工事を行なう業者も…。
このサイトではトラブルなく解体工事を行なうためのノウハウや業者選びのポイントなどを紹介!

神奈川で解体工事を依頼できる頼れる業者の比較もしています。

   
  
       

解体工事で
こんなお悩みありませんか?

       

実はさまざまな工事の中で「トラブルが発生しやすい」と言われている解体工事。ご近所から苦情がきて裁判に発展するケースや、悪徳業者によるずさんな工事・不法投棄が後を絶ちません。それゆえ解体工事に悩みはつきものです。「近隣トラブル」「悪徳業者」「知識のなさ」「価格の妥当性」といった悩みについてまとめてみました。

Voice
1

近隣トラブルに
ならないか心配

解体工事の際に心配になるのが近隣とのトラブルではないでしょうか?建物を壊す際には騒音やホコリが発生するため、それが近隣住民の生活空間を脅かし、トラブルへと発展してしまうのです。場合によっては工事をストップしなければならないので、大きなリスクに。近隣への配慮が行き届いた優良企業へ依頼するのが大切になります。

Voice
2

悪徳業者じゃないか
心配

解体業者の中には、信頼できる業者もいれば、不正を行なう悪徳業者もいます。経験が少ないと業者の選び方がわからず、騙されるのではないかと不安になります。見積もりになかった料金を追加請求されたり、近隣からのクレームが裁判沙汰になったりするケースも多いので、信頼できる業者を見極めなければなりません。

Voice
3

解体工事について
知識がない

何度も経験した人でないと「どんな種類があるのか」「流れはどのようなものなのか」といった解体工事の知識がなく、悩むこともしばしば。知識がないままでは業者が誤った手順での工事を提案してきても気づけず、質の悪い業者に依頼してしまう危険があります。信頼できる業者を選ぶなら、最低限の基礎知識は把握する必要があるでしょう。

Voice
4

価格の妥当性を
確認したい

解体工事を依頼する際に気になる点と言えば「費用」でしょう。なるべく費用を抑えたいものの、安すぎる業者は質が心配。そもそもどのくらいが適正価格なのかわからないと、良い業者か判断できません。事前にその地域での解体費用相場を調べておくのがオススメです。複数の業者から見積もりを取って内容や費用を比べてみるのも良いですね。

優良な解体工事業者の選び方

優良業者を見分ける
ポイント

  •                    

    1許可証の確認

                       

    解体工事を行なうには「建設業許可」または「解体工事業登録」という許可を保有している必要があります。許可なしに工事している業者は不法業者になるので、依頼は避けましょう。また「産業廃棄物運搬業許可」を取得している業者であれば、解体工事で出た廃棄物を正しく処理してくれます。トラブルを避けるために2つの許可を、確認してみてください。

  •                    

    2施工事例・実績が多いか

    解体工事業者は、保有している重機や経験によって得意な施工に差があります。サイトに載っている施工事例や施工歴を確認してみましょう。住宅が多いのか、ビルが多いのか、施工のための設備や便利なサービスがあるかを見ることで、スムーズに解体を進められますまた、トラブルなく工事を進められている証ともいえるでしょう。

見分けるポイントをもとに、横浜のおすすめ解体業者を解体したい対象別に紹介しています。どこに依頼するか迷っている人は必見です。

                   

リスト横浜市対応の
解体業者一覧

3選で紹介した業者以外の、神奈川の解体工事に対応してくれる業者を紹介します。実績があったり、きちんとした許可のもと工事を行なってくれたりする安心の業者ばかりなので、神奈川で工事を考えている人は一度チェックしてみてください。それぞれの企業の特徴や対応している施工の種類、マニフェストの有無などについて調べています。

                                                     

横浜市対応の
解体工事業者の詳細を見る

知ってお得!
横浜市の解体費用と助成金制度

事前準備でトラブル回避!安全安心な解体工事ガイド-神奈川編-

専門性が高い工事のため適正価格がわかりにくい解体工事。そこで家屋本体の解体費の相場や家屋の解体以外で費用がかかる項目などを調べてみました。建物の構造や種類、必要な人員によって価格は変動しますが、大まかな相場を把握しておきましょう。知っておくと便利な助成金制度も紹介していきます。業者探しにお役立てください。

依頼前に確認!
解体工事でよくあるトラブル

解体工事による騒音トラブルイメージ

市街地で重機を使った作業を行なう解体工事では、さまざまなトラブルに見舞われる可能性があります。とくに近隣住民や解体業者とのトラブルは多め。ここでは、解体工事でよくあるトラブルと対策についてまとめました。訴訟にまで発展してしまった例もあるので、これから解体工事を行なう方はどんなトラブルに気をつけるべきか知っておきましょう。

解体工事の基礎知識

建物の解体を依頼する際、なんの知識もないまま業者任せにしていると、近隣からのクレームや身に覚えのない高額費用の請求などのトラブルに巻き込まれてしまうことも。解体工事の基礎知識を押さえて、トラブルや悪質業者から身を守りましょう。正しい知識を持っておけば、業者とのやり取りもスムーズに進められますよ。

【PR】建て替え時は特に注意!
解体工事で気をつけたい
注意点とは?

振動・騒音・粉じん・違法投棄などでトラブルの危険が多い解体工事。とくに建て替えに伴う工事の際は、解体後も長く土地を利用することになるので人一倍配慮が大切です。解体工事の際に気を付けたいポイントを、実際の失敗事例をもとに、トラブルを防ぐ解体工事について研究する安心安全な解体工事ガイドの編集チームが解説していきます。実際に解体業者を検討した経験やその時の悩みを踏まえてアドバイスしているので、ぜひご覧ください。

空き家がある場合はどうするべき?

放置されて必要な手入れがされていない空き家をお持ちの場合は注意が必要です。周囲の景観を損ねてしまう点もありますが、倒壊の危険や不法投棄などの問題が生まれ、さまざまなトラブルの種になります。空き家が全国で増え続けているという状況を受けて、2015年5月に「空き家対策特別措置法」が施行されました。

行政は適切な管理がされていないと判断される空き家を「特定空家」に指定し、「助言」、「指導」、「勧告」といった行政指導や、指摘された問題が改善されない場合には行政代執行が可能となる「命令」を行うことが出来るようになりました。

所有している空き家が行政によって「特定空家」に指定された場合には、早急な対処が必要となります。もしくは、まだ行政から指導を受けていない場合であっても、放置している空き家がある場合には早めに対策しておいた方が良いでしょう。対策そのものはさまざまな方法がありますので、必要に応じての利用がおすすめです。

管理サービスや清掃サービスを使う

空き家対策特別措置法の対処・対策として、手軽なのは管理サービスや清掃サービスを利用する方法です。管理サービスは、専門のスタッフが空き家を定期的に視察しながら、状況をレポートしてくれ、異常が見つかれば報告してくれるサービスです。管理サービスと清掃サービスはセットで提供されているケースも多く、サービスを活用して空き家の状況に改善が見られた場合は、特定空家の指定が解除されます。費用は掛かりますが検討の価値はあると言ってよいでしょう。

空き家向けの損害賠償対策

空き家を放置することはさまざまなリスクを招きます。空き家に放火があり、隣家が被害を受けた場合や空き家が倒壊して怪我をする人が出てきた場合、空き家の持ち主に対して損害賠償責任が生まれる可能性があります。

無用なトラブルを避けるために、空き家用の火災保険や施設賠償責任保険に加入するということも重要です。空き家の管理が行き届いていれば、放火や台風といった自然災害が原因で倒壊した場合も、損害賠償責任が問われる可能性は抑えられます。

ですが、被害者が出てしまえば、見舞金や延焼・倒壊した空き家の処分費用は必要になります。空き家向けの保険に加入していれば、問題の事後処理費用の負担を抑えられます。保険を含めた対応も検討してみると、リスクは抑えられるのです。

空き家対策特別措置法とは

空き家対策特別措置法は、近年増加し続けている空き家が原因となって生じうる倒壊や周辺地域の治安の悪化といったトラブルへの懸念から、2015年の5月に施行開始された法律です。

空き家対策特別措置法は、長期間放置されて問題があると判断された空き家を「特定空家等」に指定し、その所有者に特定空家等に指定された空き家の活用か処分を警告します。神奈川県でも取り組みが進んでいる法律です。

特定の空き家が「特定空家等」に指定されるための条件には以下のようなものがあります。

  • 倒壊の可能性がある場合
  • 衛生面での管理が行き届いていない場合
  • 周囲の景観を著しく損なう場合
  • その他、周辺地域の生活環境を著しく乱す場合

詳細については、国土交通省のHPに記載があるので気になる方は参考にしてみてください。

参考:国土交通省 「特定空家等に対する措置」に関する適切な実施を図るために必要な指針(ガイドライン)[pdf]
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/content/001411947.pdf

空き家対策特別措置法での警告

空き家が空き家対策特別措置法で「特定空家等」に指定された場合、所有者に対しての警告は「助言・指導」、「勧告」、「命令」の三つの段階を介して行われます。

警告を無視し続け、行政からの「命令」が出た場合、過料として50万円以下の罰金が課せられます。それでも改善が見られない場合は行政が所有者の負担で空き家の解体を行う「行政代執行」が行われる流れです。所有する空き家が空き家対策特別措置法で特定空家等に指定され、行政からの警告を受けた場合、できるだけ早めに対応するようにしましょう。

助言・指導

助言・指導には法的強制力がありません。「庭の草木が伸びているので除草作業を行ってください」といった指導を行政から受けた場合、対応するかどうかは空き家の所有者の判断に任されます。ですが、行政からの警告を無視しつづけると行政の対応は次の段階である「勧告」へステップアップします。最終的には「命令」へと移ってしまうため、行政から「助言・指導」を受けた場合には早めの対応をすると良いでしょう。

勧告

空き家の所有者が「助言・指導」に従わない場合、行政は所有者に「勧告」を行います。「助言・指導」には法的強制力がありませんが、特定空家等に指定された空き家に対して行政が「勧告」を行った場合、状況が改善するまで空き家にかかっていた固定資産税の優遇措置が適用されなくなります。従来の三倍から六倍の固定資産税を治めなくていけないことになるため、行政から「勧告」を受けた場合、自治体担当者に連絡し、すみやかに対応しましょう。

命令

「勧告」を無視し続ける空き家の所有者に対しては、行政は最後通告である「命令」を行います。命令には強い法的強制力があり、空き家の所有者に対して50万以下の過料の請求、ならびに行政代執行を行うことが出来ます。空き家管理状況について行政から「命令」を受けた場合、自治体担当者にすぐに連絡し、迅速に状況を改善が必要です。

行政から警告を受けたら解体業者へ頼む検討も

行政から空き家対策特別措置法に基づいた警告を受けた場合、警告が「指導・助言」の段階にあるうちに早めに対策しなければなりません。上記のように、警告が「勧告」および「命令」の段階に進んでしまうと、余分な固定資産税を支払う義務や、決して少なくはない額の過料を治める必要が生じてしまいます。

理想としては、使用していない空き家は第三者や不動産業者に売却しておきたいもの。ですが、現代は少子化などさまざまな理由で魅力に乏しい不動産を売るのは難しい時代です。また、長い間手入れを怠っていた空き家は、柱や床、壁といった建物の構造自体が老朽化してしまいます。リフォームが難しいか、可能であっても決して安くはない予算が必要になる場合が多いです。空き家を解体する、という選択肢を検討する必要もあるでしょう。空き家を解体した場合、

  • 土地の再利用が容易になる
  • 土地の売却が容易になる
  • 寄付や賃貸が容易になる
  • 地目の変更により、固定資産税が軽減する可能性がある

といったメリットがあります。また、建物で火災が発生し、隣家を巻き込んでしまった場合などの損害賠償の発生リスクや、保険料の支払いが無くなるというメリットもあるので、空き家対策特別措置法で悩む人はチェックしてみてください。

神奈川県内の空き家の状況について

現在、神奈川県内の空き家戸数は約48万戸というデータが取れています。この数は全国都道府県の中でも3番目に位置する多さです。(2018年6月時点)

昭和63年から平成30年までに空き家戸数はどんどん増えており、多い比率を占めているのは賃貸用や売却用の住宅です。空き家率は昭和63年で7.2%でしたが、平成30年には10.8%にまで増加しています。このままのペースでいけば、県内の空き家はさ増加の見込みが予想されるのです。

急激な増加は平成5年から平成10年にかけてと、平成20年から平成25年にかけての間。三浦半島や県西部の相模湾沿岸知己行、丹沢の麓地域を中心に空き家率の高さが目立っています。空き家の戸数で行けば横浜市内が群を抜いて多いといえます。

県として空き家対策特別措置法に取り組むのは、県ならではの事情があるため。もし空き家を所有しているのであれば、さまざまな方法で対策する必要があります。

参考:神奈川県 神奈川県内の空き家の現状[pdf]
https://www.pref.kanagawa.jp/documents/14815/akiyanogenjou.pdf

民間団体等による空き家対策の取組み事例について

空き家が放置されれば倒壊による被害や治安の悪化など、様々なリスクが懸念されます。空き家が増えるのを阻止するべく、神奈川県内では行政だけではなく民間団体による空き家対策の取り組みも精力的に行われています。

空き家と認められる建物を見つけた場合は、所有者や管理者を把握するための調査が実施され、その後に空き家の利活用に関係する所有者の意向を確認。必要であれば相談にも応じます。空き家の解体や利活用、税金に関連する相談など、きめ細やかなサポートを行っているのが特徴です。

また、市内に「空き家バンク」を設けて空き家の情報を登録し、自治会などの活動をしている法人とのマッチングも斡旋。ツール提供の他、空き家の利活用セミナーの開催や、お試しで市内に滞在する「お試し居住制度」に空き家を活用するといった計画も立てられています。

空き家を所有して困っている場合は、相談してみるのもおすすめです。

全国版空き家・空き地バンク

全国版空き家・空き地バンクとは、空き家を登録して、空き家や空き地を活用したいユーザーとのマッチングを行うシステム。空き家は古民家として魅力的な家屋に活用できるほか、店舗付き物件などにリフォームすることも可能です。

理想の条件やキーワードで検索できるほか、イメージや各自治体の特色など、画像付きで空き家を探せるのが空き家バンクの特徴です。

空き家の情報に合わせて、仕事や子育てに対する補助金・助成金のサポート内容も紹介しています。

参考:国土交通省 https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/sosei_const_tk3_000131.html