神奈川のオススメ解体業者3選

横浜総合建設

年間実績数 824件
県内施工数No.1

スマイル解体@横浜

年間実績数 492件
不用品の処分全般に対応

石井商事

年間実績数 250件
創業年数55年の老舗

事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】
事前準備でトラブル回避!安全安心な解体業者ガイド【神奈川編】 » 建築物別に紹介!解体工事に関する口コミ » 自宅や家屋の解体
  

自宅や家屋の解体

自宅や家屋の解体に伴う口コミまとめ

解体工事は近隣トラブルの例も多いため「何に気をつけて工事を依頼すればいいのか」「どんな業者に工事をお願いすべきか」悩みはつきません。ここでは、自宅や家屋の解体を経験したことがある人たちの口コミをまとめています。成功談、失敗談の両方を載せているので参考にしてみてください。

成功談

近隣対策がしっかりした業者を選んだら正解でした

古家付きの土地を購入し、新築に建て替えるために解体工事を行ないました。業者選びは慎重に行ない、近隣対策に定評のあるところへ依頼。実際に工事の際は周りへの気遣いや対応を丁寧に行なってくれて助かりました。近隣との良好な関係が築けたのも業者の対応力のおかげだと思っています。

無料見積もりで対応力を確認すると良いかもしれません

相続した家の解体のために工事を行なったことがあります。初めての工事で不安だったので、解体工事での注意点を自分なりにたくさん調べてじっくり業者を選びました。ある業者に無料見積もりをお願いしたところ、工事にかかるすべての費用が詳細に記載されていたうえに予算内だったため工事を依頼。近所へのあいさつ回りもきちんとしてくれる良い業者でした。

周りからの評判も参考にしてじっくり選ぶのがおすすめです

老朽化が進んだ自宅を立て直すために解体工事を行なうことになりました。工事自体は取り壊すだけなのでどこの業者でもあまり変わらないかなと思ったのですが、念のため評判の良い業者さんに依頼。今思えばきちんと選んでいて良かったです。工事の手際が良いだけでなく近隣への心配りもできる業者と出会えました。心配していた近隣とのトラブルもなくてホッとしています。

失敗談

安いからとお願いしたばっかりに…

新築を建てるために家の解体工事をお願いしたことがあります。できるだけ工事費用を抑えようと思って、見積もりの結果1番安かった解体業者へ依頼することに。これが失敗でした。いざ工事が始まると「音がうるさい」「地響きで落ち着かない」などのクレームが頻発!解体業者は何もしてくれず私だけで謝罪に回りました。また見積もりにない追加費用を請求され、踏んだり蹴ったりでした。

安さだけで選ぶと大きなトラブルの原因になる

解体工事をお願いした業者の質が最悪でした。価格だけで選んでしまったので近隣対策を軽視していたのが失敗の原因です。若い職人さんが隣家の塀の前にタバコの吸い殻を捨ててクレームが来たこともありました。極めつけは工事後に見つかった隣家の塀についた傷。しかし業者は「解体工事でついた証拠はない」と知らんぷりでした。おかげで近隣とギクシャクしています。

住宅(自宅)解体の相場とは?

建物の大きさ

建物の大きさによって、住宅解体の費用が高くなるか安くなるか変わってきます。プラントや工場、発電所などはサイズがとても大きい分類に入るので、その分費用も高くなるとされています。

建造物の構造

建造物の構造が、木造住宅、鉄骨造、鉄筋コンクリート造によって変化します。

  • 木造住宅 4~5万円/坪
  • 鉄骨造 6~7万円/坪
  • 鉄筋コンクリート 6~8万円/坪

あくまでも目安です。場合によっては、住宅の階数の違いによって解体費用に大きく違いが出ることもあります。

また、解体する際に特殊な重機や埋め立て作業が必要になってくる地下室などは、解体費用が大幅に高くなると言われています。

アスベストの有無

アスベストがあるか無いかによっても、住宅解体の費用は大きく変わってきます。アスベストがない場合は普通の解体作業と同じように作業をすればよいのですが、アスベストがある場合にはアスベスト除去費用が掛かってくるのです。また、アスベストを除去する際には、大気汚染防止法に基づいてアスベストの除去作業を開始する14日前までに都道府県等への届け出が必要になってきます。

ちなみに、アスベストが使用されている可能性のある建造物を解体する際は、アスベスト事前調査を行わなければなりません。これは義務付けられていることなので、解体作業をする予定であればしっかりと調査に出しましょう。

近隣の道路・住宅

近隣の道路が狭かったり、住宅同士がくっついている所で住宅解体を行おうとすると、どうしても解体費用が高くなる傾向にあります。これは、近隣の道路が狭いと建物を壊す重機が通れなくなってしまうことが主な要因となっています。重機が通れない場合は、状況にもよりますが人の手で解体工事を行うことになるので、人手の分だけどうしても費用が上がってしまうのです。

見積もりに含まれない費用

見積もりには含まれていないけど必要になるかもしれないもの。それは、地中から障害物が出た際の撤去費用です。地中の障害物は現場調査を行っても分からないことが多いので、見積もり通りに費用を準備するだけでなく、障害物の撤去費用が掛かるかもしれないことを考えて予算を準備しておきましょう。

住宅を解体する時の流れとは?

1:現場の調査

住宅を解体する際にはまず、現場の調査を行います。現場での調査では、建物について確認したり、建物以外の撤去物(屋根や壁、柱、トイレ、風呂など)を確認することが多いです。

2:見積もり・打ち合わせ

建物の状態や近隣の道路の状況を参考に見積りが出されます。見積もりを把握したら、打ち合わせの始まりです。打ち合わせでは、工期をどのくらい取るか相談します。打ち合わせが終われば、契約です。

3:解体着工・解体施工

契約をしたら早速解体工事の着工が始まります。着工前には、工事現場の近隣に住む人々へ工事概要や騒音・振動対策の説明が行われます。解体工事の着工が終われば、解体施工の始まりです。足場養生を行って、電気やガス、電話などのライフラインの撤去を行っていきます。作業は基本的に、内装撤去、上屋解体、基礎解体の順で行われます。

4:工事完了

敷地の整地まで完了させ、現場の状況を依頼主に確認してもらったところで工事完了です。工事完了後は、固定資産税の支払い義務が、建物滅失登記を行うことでなくなります。

解体業者の選び方のポイントとは?

神奈川にはたくさんの解体業者がありますが、その中でも「解体工事業登録」と「マニュフェストの提出」をしている業者を探しましょう。その中でも実績が豊富な業者をおすすめします。

神奈川県での住宅解体に関わる申請とは?

神奈川県で住宅解体をする際には、申請が必要な場合があります。建設リサイクル法に基いて、80平方メートル以上のコンクリート、木材またはアスファルト・コンクリートを用いた住宅を解体する場合には「届出」が必要となるのです。届出は、施主(発注者)が工事に着手する7日前までに、知事もしくは特定行政庁の市長に出さなければいけません。

また、解体工事を発注する際には建設リサイクル法に基づき解体工事業登録業者への発注が必要です。

契約を結ぶ前には、事前説明をきちんと受けましょう。契約書に、解体工事に要する費用や分別解体等の方法、再資源化等施設の名称・所在地、再資源化等に要する費用について記載されているかしっかりと確認することが大切です。

更に覚えておきたいのが、対象建設工事に着手する7日前までに、知事もしくは特定行政庁の市長に届出を行わなければいけないこと。なお、届出を業者に委任する場合には、届出内容を確認の上で委任状の作成をします。

住宅(自宅)解体の施工事例とは?

木造の解体工事(横浜総合建設)

解体前

横浜総合建設施工事例_解体前

解体後

横浜総合建設施工事例_解体後
引用元:横浜総合建設公式サイト(http://ysk-a.com/gallery/1113)

横浜総合建設の営業スタッフは全員が不動産会社への勤務経験を持っています。なので、工事を依頼する立場も経験済み。解体工事の流れも分かっているので「造ることを考えた解体工事」を提供することができます。

また、横浜総合建設では自社スタッフと自社保有の重機によって解体工事が行われます。これによって、他社とのやり取りが発生せず、お客様のご要求に対して即座に応えることができます。また、お客様と直接やり取りができるので、スムーズでフットワークが軽いフレキシブルな対応が可能です。 

木造の解体工事(ハマーズ)

解体前

ハマーズ施工事例_解体前

解体後

ハマーズ施工事例_解体後
引用元:ハマーズ公式サイト(https://smilekaitai.com/result_post/木造2階建て家屋解体工事 神奈川県横浜市西区宮/)

ハマーズでは、オンラインでお見積りやお問い合わせが行えます。また、ハマーズでは住宅解体をする際に地中から障害物が出てきた際の連絡もスピーディー。大切にしているのは「立会いをしてもらうこと」です。

何かトラブルがあった時も、自分で確かめることができます。

年間実績の多い優良業者は?神奈川のおすすめ解体業者3選